メッキ工房  光沢屋
装飾メッキ業48年間の実績の匠の技で。 お客様の大切な品物にメッキを施し、より高い付加価値ををお付け致します。(スパッタリング・イオンプレート加工)                                     
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劣化樹脂フロントパネルにクロムメッキ
トラックのプラスチック製フロントパネル塗装付き


古い車になると

新品のパーツが手に入りにくいことから

数十年経った樹脂パーツにクロムメッキ加工してほしいと言う

ご依頼をよく頂きます。

本来、樹脂は錆びないので簡単にクロムメッキ加工が

容易と思われがちですが

樹脂は錆びない代わりに、硬くなり劣化していくのです。

そうすると、塗装剥離等の薬品に負けてしまって

樹脂その物を溶かしてしまうので

金属の錆処理より、劣化樹脂の方が

難しいのです。

光沢屋は、その様なご要望も頑張らせて頂いております。

スポンサーサイト
クロメート再メッキです。
PIC_0730_convert_20150128194801.jpg
PIC_0705_convert_20150112190958.jpg
PIC_0706_convert_20150112191100.jpg


豚鼻ローレルのクロメート加工仕上がりました。
1954年式シボレーを再メッキ



先日、ブログをよく見て下さっているお客様が

わざわざ、奈良県から商品を持って来て下さいました。

本当に嬉しいです。

1954年式シボレーのセダンデリバリーと言う車の

リアのハッチハンドルです。

車がレア過ぎて、日本にもパーツがなく

本国で探すのいも、至難の業位だそうです。

素材は、アンチモニで

ご覧の様に腐食はかなり進んでいます。

まずは、クロムを剥離し

新品よりも数段綺麗になる様

下地を徹底的に綺麗にします。

牽引フックに再メッキ

PIC_0722_convert_20150124190343.jpg
PIC_0724_convert_20150124190609.jpg
PIC_0726_convert_20150124190306.jpg
PIC_0510_convert_20141026180725.jpg
PIC_0509_convert_20141026180927.jpg


海外産の牽引フックを

再メッキしたビフォー、アフターです。

やっぱりジャパニーズは最高です。

シャンデリアを金メッキ

PIC_0727_convert_20150124190102.jpg
PIC_0696_convert_20150109192338.jpg


アングルと網を使って

オリジナルシャンデリアに金メッキ加工すると

こうなります。

トラック室内用オリジナルシャンデリアです。

フェラーリーの跳ね馬がクロムメッキ
DSCF3075_convert_20140127124046.jpg
DSCF3076_convert_20140127124255.jpg
DSCF3074_convert_20140127123639.jpg
DSCF2982_convert_20131207122701.jpg


ホームページのトップページにも

映っていますが、

イタリア製スズの鋳物です。

つまり、アンチモニです。

フェラーリの本社にある本物の跳ね馬です。

綺麗でしょ。

ベンツゲレンデをクロムメッキ

PIC_0721_convert_20150120194205.jpg
PIC_0638_convert_20141212225437.jpg


ベンツゲレンデのライト枠をクロムメッキ加工しました。
フォルクスワーゲンにクロムメッキ
DSCF3497_convert_20140607172147.jpg


フォルクスワーゲンのバンパーを再メッキした商品です。

因みに、6価クロムによる加工です。

フェンダーにクロムメッキ

PIC_0718_convert_20150118191058.jpg


大阪府守口市の中山自動車販売株式会社様から

ご依頼して頂いた、三菱キャンターのフロントフェンダーガーニッシュです。

素材は、ステンレス304に700番研磨商品です。

これでも、綺麗ですが

これに、6価クロムによるクロムメッキ加工すると

ビックリする位綺麗で厳つくなります。

それでは、加工へと移ります。

ご依頼は、中山自動車販売株式会社まで。

内装ドアハンドルパーツをクロムメッキ
DSCF2664_convert_20130826111134.jpg


皆さんが、乗っている車に付いている

内装ドアハンドルパーツです。

素材は、ポリプロピレン製です。

綺麗でしょ~~

FRP製ステップもクロムメッキ
DSCF0368_convert_20130331093958.jpg
DSCF0369_convert_20130331094117.jpg
DSCF0370_convert_20130331094228.jpg


大型トラックのFRP製ステップに

本物のクロムメッキ加工すると

こうなります。

エンジン部品もクロムメッキ


DSCF0357_convert_20130329150538.jpg


これ何処のパーツでしょうか?

これも当然クロムメッキ加工します。

バイクエンジンカバーもクロムメッキ

PIC_0708_convert_20150113194142.jpg
PIC_0681_convert_20141228192159.jpg


バイクパーツは、3価クロムで加工しているのですが

今回は、6価クロムで加工しました。

3価クロムメッキは、鏡色

6価は、鏡にブルーを混ぜた感じです。

亜鉛で再メッキ

PIC_0706_convert_20150112191100.jpg


何も光沢屋は、クロムメッキだけでは御座いませんよ~~~

亜鉛メッキは錆に強いですぞ。

メッキの種類は沢山あるのは、色んな用途に使うからです。

因みに、このパーツは豚鼻ローレルです。

豚鼻バンパーをクロムメッキ

PIC_0700_convert_20150111151908.jpg
PIC_0704_convert_20150111152210.jpg
PIC_0702_convert_20150111152316.jpg


京都の個人様からお預かりしている

日産ローレルの豚鼻バンパーを再メッキさせて頂きます。


前後のバンパー共に、3分割になっていて

点錆びが出ています。

まずは、クロム剥離を行い下地の状態を見てお客様にご連絡致します。

オリジナルシャンデリアを金メッキ加工

PIC_0698_convert_20150109192500.jpg


光沢屋で一番、金メッキ加工に拘る

個人様のトラック用オリジナルシャンデリアです。

知り合いの鉄工所で製作後、

ご自分で溶接部分をバリ取りし

送って下さいました。

電飾で使うソケットからボルトやら

全て金メッキにして、内装に付けるとの事

恐るべしで御座います。

54年式2tダットサングリル再メッキ完了

PIC_0693_convert_20150108194323.jpg
PIC_0694_convert_20150108194406.jpg
PIC_0645_convert_20141214190346.jpg
PIC_0647_convert_20141214190541.jpg
PIC_0646_convert_20141214190509.jpg


再メッキで54年式ダットグリル復活です。

綺麗でしょ

ママチャリフルメッキ
14年前の自転車
_MG_7453_convert_20121218192015.jpg


このママチャリが、一番のデモカーです。

テレビにも登場した事もありますよ~~~

14年前に乗っていたオンボロ自転車に

サドルとタイヤ以外全てクロムメッキ加工してあります。

舟形バンパーもクロムメッキ
三分割 舟形バンパー
三分割 舟形バンパー


このトレーラーヘッドも、光沢屋のデモカーです。

舟形バンパーは、プロに設計図を作成して頂いて

提携業者様がスチール板で加工後

光沢屋の工場で研磨、

クロムメッキ加工した物です。

月刊誌カミオンにも登場していますよ~~~


ボルボヘッドにクロムメッキ
ボルボトレーラーフルメッキ
_MG_7453_convert_20121218192015.jpg


このボルボヘッドが

光沢屋のデモカーなのです。

パーツによって、電気によるクロムメッキと

スパッタリングを使ったクロムメッキを

使い分けています。

電気によるクロムメッキのメリットは

分厚く重厚感があり、

スパッタリングは、少々パーツがグネグネしても

クロムメッキが割れにくいところにあります。

何でも、メリットとデメリットはあります。

ですので、使い分けるところがクロムメッキのポイントとなります。

FRP製フロントパネルもクロムメッキ
DSCF0312_convert_20130321151559.jpg


最近、自動車、トラックパーツに

よく使われるのが、FRP製です。

軽さ、強度、比較的安価等、様々なメリットも

あるのですが、本物のクロムメッキ加工には

適さない素材なのですが、

下地にある特殊な加工を施すと

電気メッキによるクロムメッキ加工が

可能なのです。

元々のFRP製品は軽いですが、

電気メッキでクロムメッキ加工すると

ずしっと重さを感じます。

例えて言ってみれば、スチール製クロムメッキバンパーと

一緒の様な感じです。

綺麗さと重厚感は絶品です。

消火器もクロムメッキ
DSCF3757_convert_20140911170434.jpg
DSCF3439_convert_20140520172200.jpg
DSCF3431_convert_20140520171749.jpg
DSCF3447_convert_20140524135156.jpg


皆さん、火の用心で御座います。

消火器では無く、エアータンクにクロムメッキ加工です。

毎月、和歌山の個人様から加工依頼して頂いているのですが

ヤンキーホーン用エアータンクに火の用心ステッカー

粋ですよね~~~

バイクラビットパーツ再メッキ

PIC_0690_convert_20150102191023.jpg


希少価値の高い

バイクラビットのアンチモニ製エンブレムです。

1946年から1968年に、富士産業で製造。

現富士重工です。

腐食が激しいので再メッキ加工を

慎重に行います。

明けましておめでとう御座います。
日野自動車の助手席側のドアメッキ
_MG_7453_convert_20121218192015.jpg


明けましておめでとう御座います。

初日の出は見れましたか?

これも、初日の出です。



プロフィール

メッキ工房 光沢屋

Author:メッキ工房 光沢屋
FC2ブログへようこそ!

住所 大阪府大阪市鶴見区茨田大宮4-34-16-205
TEL 06-6913-0552
FAX 06-6926-9001



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問者数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。