メッキ工房  光沢屋
装飾メッキ業48年間の実績の匠の技で。 お客様の大切な品物にメッキを施し、より高い付加価値ををお付け致します。(スパッタリング・イオンプレート加工)                                     
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も大変にお世話になりました。
工事用ヘルメット
_MG_7453_convert_20121218192015.jpg


今年も有難う御座いました。

皆様にとって良い年でありますように。

スポンサーサイト
旧車フィアットのハブキャップも再メッキ

PIC_0687_convert_20141230150106.jpg
PIC_0688_convert_20141230150154.jpg
PIC_0685_convert_20141230145818.jpg
PIC_0512_convert_20141028205742.jpg
PIC_0511_convert_20141028205700.jpg


相当、年代もののハブキャップ

薄っすらと、フィアットの文字が見えます。

かなり、昔に再メッキした痕があるので

少なくとも、一回以上は再メッキしている事が分かります。

今回の再メッキは、素材を修復し、特殊なクロムメッキ加工を

施し二度と再メッキしないで良い商品にさせて頂きました。

この商品も、新品以上に綺麗になり付加価値が付きました。

時価数億円旧車のヒンジをクロムメッキ

PIC_0683_convert_20141229204147.jpg
PIC_0684_convert_20141229204304.jpg
PIC_0576_convert_20141122155412.jpg
PIC_0577_convert_20141122155520.jpg
PIC_0578_convert_20141122155338.jpg


世界的に希少価値が高い外車の旧車パーツです。

リアトランクのアンチモニ製ヒンジで年式からすると

もっと腐食が進んでいてもおかしくないのですが

大切に保管されていたのだと思われます。

クレーター状の腐食痕も完全に修正し

クロムメッキ加工しました。

これぞ正しく、新品よりも綺麗な商品です。

バイクのパーツもクロムメッキ



アルミニウム製のエンジンカバーをクロムメッキ加工します。

右の商品はスチール製で新品です。

素材が薄く錆が酷いグリルを研磨

PIC_0675_convert_20141227161337.jpg
PIC_0645_convert_20141214190346.jpg


希少価値が大変高い54年式ダットサン2tトラックの

ボンデ板製グリルを再メッキするのですが

クロム剥離後、下地のニッケルと銅

そして、何より大変なのが、錆を落とし

巣穴を無くす事が、再メッキのクオリティを

上げる最低条件なのです。

素材がボンデ板やブリキみたいに

生地が薄く削り過ぎると、直ぐ穴が開くので

熟練の職人でも嫌がる加工になります。

いよいよ、番手を上げて行き鏡にし付加価値を更に上げ

クロムメッキ加工へと移って行きます。

ハブキャップもクロムメッキ

PIC_0673_convert_20141227110104.jpg
PIC_0674_convert_20141227110148.jpg


この商品は、外品でも売っているのですが

奈良の提携業者様が光沢屋のクロムメッキで

お願いしますとお仕事を頂いて出来た

商品です。

お金では買えない嬉しさです。

光沢屋は、大切な業者様、大切な個人様のお力で成り立たせて頂いております。

クロムメッキの下地作業中
研磨作業
_MG_7453_convert_20121218192015.jpg


只今、毎日研磨作業。鉄粉だらけで

御座います~~~

ですので、鉄分不足で貧血は御座いません。

劣化樹脂もクロムメッキ

PIC_0671_convert_20141223191606.jpg
DSCF3386_convert_20140505084535.jpg
DSCF3387_convert_20140505084701.jpg


30Zのマーカーカバーに再メッキで

新品以上にピカピカ。

因みに、35年前のパーツですよ。

クロムメッキ加工しています。
DSCF2271_convert_20130527152334.jpg
_MG_7453_convert_20121218192015.jpg

ブラケットをクロムメッキ

PIC_0591_convert_20141205204635.jpg
PIC_0592_convert_20141205204758.jpg


日野プロフィアのブラケットを

クロムメッキ加工したら

こんなに綺麗になりました。

プロフィア用マフラーカバーをクロムメッキ

PIC_0664+-+繧ウ繝斐・_convert_20141219202519


生地は工具箱に使う

ボンデ板製で、当然生地は薄いです。

バフレースで凹みが出ない程度に

磨きました。

スーパーグレートのエアーダクトにクロムメッキ

PIC_0656_convert_20141217193545.jpg
PIC_0654_convert_20141217193406.jpg


ふそうスーパーグレートのポリプロピレン製

エアーダクトにクロムメッキしました。

分厚くて何と、重さか5倍になり

磁石でくっ付きました。

燃料フタに再メッキ

PIC_0653_convert_20141216104740.jpg


アンチモニ製燃料フタの特殊クロムメッキ加工

完了しました。

バイクグリップエンドにクロムメッキ

PIC_0651_convert_20141215192231.jpg


1993年式スズキGSXーR1100Wの

アルミニウム製グリップエンドに

クロムメッキ加工すると

こんなに綺麗になりました。

54年式の2tをクロムメッキ

PIC_0646_convert_20141214190509.jpg
PIC_0647_convert_20141214190541.jpg
PIC_0648_convert_20141214190604.jpg


このパーツは、54年式2トントラックの

グリルです。

トラックの写真を見せて頂いたのですが

まず、走っているのを見たことが無い

古いトラックでした。

世の中にそう無いであろうこのグリル

慎重に加工を下地加工致します。

ベンツゲレンデの顔をクロムメッキ
PIC_0638_convert_20141212225437.jpg

ベンツゲレンデのライト枠を

分厚いクロムメッキ加工を致します。

顔の部分なので、オプションでも有りそうなのですが

無いとの事です。

カッコ良く、決まりますよ。

クロムメッキ前の下地加工

PIC_0637_convert_20141212225320.jpg
PIC_0636_convert_20141212225241.jpg
PIC_0635_convert_20141212225009.jpg
PIC_0598_convert_20141204212548.jpg


サブタイヤステーも

塗装剥離、ブラストを終え

80番手から巣穴を削り

段々と金属の艶が表れてきました。

エアーダクト専用ボルトクロムメッキ

PIC_0622_convert_20141211232733.jpg


トラックのエアーダクト専用ボルトを

クロムメッキ加工しました。

フロントパネルをクロムメッキ



二十年前のレンジャーフロントパネルです。

素材は、綺麗で上々です。

185センチのフロントパネルを

クロムメッキ加工致します。

希少価値コーナーパネルもクロムメッキ



北海道の業者様からの

ご依頼なのですが、

クロムメッキも綺麗ですが

この色も綺麗ですよね。

塗装剥離後、ブラスト、研磨へと

加工していきます。

足回りパーツのクロムメッキが綺麗
PIC_0613_convert_20141208193430.jpg

PIC_0616_convert_20141208193626.jpg
PIC_0614_convert_20141208193511.jpg


レーシングカーの足回りなのですが

磨いて良い所と、駄目な所があります。

それは、パーツを取り付ける時の

不具合や、強度を保つ為です。

光沢屋は、専門家と共同で作業しているので

心配ご無用で、こんなに綺麗に仕上がる

のであ~~~~る。

ワリキューレにクロムメッキ完了

PIC_0612_convert_20141207103823.jpg
PIC_0581_convert_20141129192753.jpg


ワリキューレのサイレンサーを

クロムメッキ加工しました。

元々、素材自体に深いヘアーラインが

綺麗に付いていたので

それを、活かしたクロムメッキ加工です。


PIC_0585_convert_20141129191338.jpg
PIC_0584_convert_20141129191250.jpg
PIC_0586_convert_20141129191602.jpg


ワリキューレのエキゾースト再メッキです。

元から凹みと錆のキツサから研磨による

貫通の心配がある事で

お客様に修理をご提案させて頂きましたが

過去の状態よりマシになる程度で良いとの

お話を頂いた事から通常再メッキ加工させて

頂きました。

ご覧の通り、クロムメッキの光沢はバッチリになりました。

日野ブラケットもクロムメッキ

PIC_0591_convert_20141205204635.jpg
PIC_0592_convert_20141205204758.jpg
PIC_0593_convert_20141205204935.jpg


日野プロフィアのブラケットも

クロムメッキ加工します。

このオーナー様は、他の人がクロムメッキ

していない物を加工する徹底ぶりです。

えっ、これをクロムメッキ加工

PIC_0598_convert_20141204212548.jpg
PIC_0597_convert_20141204212922.jpg


全国広しと言えども

トラックのサブタイヤステーを

クロムメッキしている方はいないでしょう。

日野プロフィアのパーツです。

出来上がらが楽しみです。

コーナーパネルもクロムメッキ
DSCF2464_convert_20130616135704.jpg


数十年前の大型トラックコーナーパネルも

ご覧の通り、クロムメッキ加工で

新品以上に綺麗になっていますよ。

ホイルも磨けばクロムメッキ見たいに
DSCF3723_convert_20140905093629.jpg
DSCF3734_convert_20140908211453.jpg


時間と手間は掛りますが

荒削りから、少しずつ番手を上げて行くと

綺麗な素材になって行きます。

大型トラックホイルを研磨でクロムメッキ
DSCF3732_convert_20140908210812.jpg


大型トラックの22.5インチホイルを

研磨している写真です。

ノーマル状態の素地はザラザラで銀色の錆止め

状態です。

塗装剥離後、ブラストをあてて

荒削りです。

足回りパーツもクロムメッキで・・・


この商品、自動車の足回りパーツ

なのですが、

素材はスチールで少し錆が出ている状態でした。

クロムメッキ加工で綺麗になりました。



プロフィール

メッキ工房 光沢屋

Author:メッキ工房 光沢屋
FC2ブログへようこそ!

住所 大阪府大阪市鶴見区茨田大宮4-34-16-205
TEL 06-6913-0552
FAX 06-6926-9001



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



訪問者数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。